ワークショップ「飛び出す絵本づくり」 報告

 

昨日(9日)

「飛び出す絵本づくり」のワークショップをしました。

 

 

 

 

小学生も高校生もママも保育士さんも

 

みんな飛び出す絵本作りに夢中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハサミでチョキチョキ

仕掛けを折って

ノリで貼って

 

 

 

 

みんな完成♪

 

 

 

 

 

 

 

完成の後は

 

ワンポットティーと茶菓で

 

お喋りルンルン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後

開催中の個展ギャラリーに移動

 

 

 

 

 

絵本36冊とオリジナル

 

ゆっくりゆっくり

 

 

 

 

こんな時間もいいね。

 

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>
http://studioroko.com

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

| むらかみひろこ | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワークショップ「飛び出す絵本づくり」の案内

 

「村上浩子展 絵本から生まれたオリジナルたち」 

 

開催中です。

 

*詳細のブログ

 

 

 

 

 

9日(木)にワークショップをします。

 

 

 

 

 

〜飛び出す絵本をつくろう〜

 

8月9日(木)13:30〜15:00
費用:1800円(材料、中国茶、茶菓付き)
持ち物:はさみ、のり
お子様参加 大歓迎(6歳までは保護者同伴)
*要予約
070-5349-2483(華工房・横田)
または村上浩子まで
studio.roko@gmail.com

 

 

 

 

1見開き

 

 

 

 

 

 

 

2見開き

 

 

 

 

 

3見開き

 

4見開き と続き

 

 

 

表紙と裏表紙もついています。

 

 

 

文章もあります。

 

 

 

 

 

ハサミでパーツを切って、ノリで貼るだけ

 

 

飛び出す絵本が完成します。

 

 

 

 

 

 

絵本作りに興味ある方や

 

ポップアップカードなどにも興味ある方

 

 

ぜひどうぞ(^^)/

 

 

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>
http://studioroko.com

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_rok

| むらかみひろこ | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
大学の授業で「小さな絵本作り」

 

今年も福井県にある 仁愛大学に行ってきました。

 

 

子ども教育学科の学生(3回生)に絵本づくりの指導

 

 

 

 

2コマ授業を担当

 

今年の学生は30名

 

 

 

 

今年は「小さな絵本づくり」を取り入れることになり

 

本格製本にチャレンジしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

担当の先生から紹介してもらって授業スタート

 

 

 

自己紹介も兼ねて読むのは

やはりこの絵本

 

『うさぎさん』

 

 

 

 

読んだ後

みんなから 拍手 (=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 

 

ページをめくると

 

どうなるのか

 

わくわく

 

 

 

これが絵本の魅力です。

 

 

 

 

そんな話を交えながら

 

基本の作り方を説明します。

 

 

 

 

 

「小さな絵本」の見本を紹介

 

 

 

 

 

直感的にイメージしたのを作る

 

難しく考えない

 

 

 

そんな 

構想のポイント伝え

 

 

 

 

「小さな絵本づくり」キットを渡しました。

 

 

 

 

 

最初はみんな手が動かず

悩んでいました。

 

 

グループごとに

パステルの簡単な使い方の説明をしながら

アドバイスに回ります。

 

 

 

 

パステルは短時間に色を付けるとこができるから

使いやすい画材でもあります。

 

 

するとどんどん手が動きだしました。

 

 

 

 

 

イメージができた人から本描きへ

 

 

 

 

 

色を付けはじめると

どんどんみんなの表情が和らいできて

どんどん集中していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ中身ができてきたところで

 

表紙の描き方の説明をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙もできてきました。

 

 

 

 

 

そこで

みんなに集まってもらって

製本の実践をします。

 

 

実践すると

明確に作り方が分かります。

 

 

 

みんなの動きが軽やかになって

どんどん仕上がっていきました。

 

 

 

 

 

 

子ども教育学科の学生ですね。

 

子どものことがよくわかって絵本を作っています。

 

 

 

 

魅力的な楽しい絵本になりました。

 

 

 

小さな絵本の完成

 

おめでとう☆

 

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>
http://studioroko.com

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

 

| むらかみひろこ | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
大学で絵本づくり指導 2017

 

今年も福井県にある 仁愛大学で保育を学ぶ学生(3回生)に

絵本づくりの指導をしてきました。

 

2コマ授業を担当。

 

 

今年は生徒数が増えて34名!

 

 

挨拶と自己紹介

絵本の魅力

絵本づくりのポイント

 

気軽に楽しめる絵本づくりの話をしました。

 

こちらが持参した絵本を読みながらその気軽さを伝えます。

 

 

 

むらかみひろこの持参絵本

『うさぎさん』

『もういいかい』

『イエーイ』

『にんじんはあまい』

『ずいずいずっころばし』

『とまとれでいのでばん』

『トントントン なつですよ』

 

 

さて、どんな絵本を作るかイメージからスタート

 

手が動く生徒と動かない生徒がいます。

 

順番に回ってアドバイス

 

どんどんイメージが膨らんできていますが、

1日で完成するだろうか。と不安げ

 

そこで画材の提案として

パステルの使い方の説明をします。

 

 

使い方を説明するとみんなの顔が変わります。

 

不安げだったのが、完成できるかも。の笑顔に

 

 

 

動かなかった生徒も徐々に動き出し、

「たのしい」って声も聞こえはじめました。

 

みんなの作品からその言葉が分かります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね!!

 

楽しそうでしょうヽ(^o^)丿

 

 

34名の絵本を紹介したいぐらいです。

 

 

 

最後は製本

 

製本は上製本ではなく(いつもは上製本を指導)

保育の現場でも子どもたちと気軽に絵本づくりを楽しめるように

簡単な製本テープでの仕上げを学んでもらいました。

 

 

 

 

2コマの授業はあっという間

 

絵本を作ることで、絵本の見方が変わったことでしょう。

 

みんなの笑顔がステキでした。

 

 

絵本完成おめでとう☆☆☆

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>

http://www.studioroko.com/

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

| むらかみひろこ | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校 <保育コース> で「絵本の読み方」2

 

昨日は、つくば開成高等学校・保育コース で

「絵本の読み方」2回目の授業をしました。

 

先月の授業で

絵本の持ち方、読み方、めくり方 を指導

 

 

 

 

みんなそれぞれ絵本を持参。

その絵本から1冊選び、みんなの前で読んでもらいました。

 

 

 

 

そこで一言アドバイス

「こんなにも楽しい絵本なんだよって 思いながら読んでみて」

 

 

 

するとみるみる表情が変わり、声も変わって、聴きやすくなりました。

 

 

とっても上手になりました。

 

 

 

 

 

 

こちらが持参した絵本を紹介

 

 

 

 

生徒は懐かしそうに開いたり読んだりしていました。

 

 

 

 

 

絵本『三びきのがらがらどん』を読んでみると

 

みんな感心しながら聴いてくれましたね。

 

 

 

 

 

 

8月には幼稚園での体験学習があるそうです。

 

 

 

楽しく絵本を読んでくれることでしょう。

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>

http://www.studioroko.com/

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

 

 

| むらかみひろこ | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校 <保育コース> で「絵本の読み方」

 

つくば開成高等学校・保育コース で

「絵本の読み方」の授業をしました。

 

 

 

 

絵本の読み聞かせは

読み方によって伝わり方が変わる場合があります。

 

 

 

 

絵本の読み方のポイントを話します。

 

絵本の持ち方

めくり方

読むスピード etc.

 

 

 

 

 

絵本の読み方授業で紹介した絵本

『うさぎさん』

『まる さんかく しかく』

『たまねぎくんとじゃがいもくん』

 

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>

http://www.studioroko.com/

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

 

| むらかみひろこ | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校 <保育コース> で「小さな絵本づくり」

 

先日から2回に渡って

つくば開成高等学校・保育コース の授業で

「小さな絵本づくり」をしました。

 

 

先週の2コマ授業で絵本の本描きを

 

そして昨日の1コマ授業で製本

 

 

みんな素敵な絵本が出来ました。

 

 

将来保育士になろうとしている生徒たち

 

子どもに読ませたい絵本を真剣に考えましたね。

 

 

すぐにイメージができた生徒は

すらすらと絵を描いていきます。

 

絵が苦手で「描けない!描けない!」と言う生徒もいます。

 

そんな時

パステルの使い方を説明すると

困っていた顔が緩みます。

 

手が動き出し

2コマ授業で絵が描けました。

 

昨日は製本して完成!!

 

 

個性が見える絵本になりました。

 

絵本完成おめでとう☆☆☆

 

 

 

 

 

↑この絵本はむらかみひろこ絵本。見本としての画像です。

 

 

 

昨日はもう1コマで

絵本を読む 授業もしました。

 

その件についてはまた明日のブログにて(^O^)/

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>

http://www.studioroko.com/

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

 

| むらかみひろこ | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校 <保育コース> で 和綴じ製本

 

本日は つくば開成高等学校・保育コース の授業でした。

 

 

2017年の授業として学校側から提案があったのは

2コマで完成できる制作作業と

児童の前で声を出して絵本を読む

その指導。

 

 

人前で声に出して絵本を読む

 

保育を携わる者にとても大事なことです。

 

 

いただいたコマ数の後半は、絵本を読むことを重点に進め

 

2コマの2回で完成できる制作授業を考えました。

 

 

本日はその初回!

 

 

和綴じ本製本の授業をしました。

 

 

見本はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育に関わるとき

子どもたちの作品を”まとめる”ことが起こります。

 

そんな時、糸綴じでまとめる。

作品がイキイキとしますので提案しました。

 

 

 

体験としての和本サイズはB6

 

カバンに居心地よく入り

手に持っても程よいサイズ

 

 

授業を進めていくと

生徒たちがどんどん制作に集中していく姿が見えましたが

 

進行途中、角ぎれ に時間が掛かり

2時間で仕上がるかどうか不安を感じていました。

 

 

しかし、表紙の糸綴じに入ると

みるみるスピードアップ!!

 

 

生徒たちがどんどん制作完成に向けて

楽しく手を動かします。

 

 

「次はどうすのですか?」

「ここで良いですか?」

「これは違っていますよね。やり直します」

「これであっていますか?」

 

あれよあれよという間に

生徒たちの和本が完成していきます。

 

 

 

2時間で完成できるか

そんな不安はありましたが

なんのその

 

作り方手順が頭に入ると

手がスルスルと動き

みんな完成(^O^)/

 

 

完成の和本を大切に持ち帰ってくれました。

 

 

中に何を描くのかな〜( *´艸`)

 

 

 

 

 

次回授業は「小さな絵本づくり」です。

 

 

 

 

村上浩子<StudioRoko>

http://www.studioroko.com/

村上浩子Facebook

https://www.facebook.com/hiroko.murakami.1612

むらかみひろこTwitter

https://twitter.com/studio_roko

 

 

 

 

| むらかみひろこ | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワークショップ −小さな絵本づくりー

 

本日は中学生を対象とした「絵本づくり」ワークショップでした。

 

2時間の絵本づくりで提案しているのは

「小さな絵本づくり」です。

 

 

仕上がり絵本サイズは約10×10

見開き5枚で10ページの展開

 

製本は本格的製本仕上げとなるので

見栄えもバッチリです(^^♪

 

 

絵本づくりに興味を持っている中学生が集まりました。

 

 

簡単に絵本づくりの基本と魅力を紹介

 

それだけでは

しばらく手が動きません。

作らないといけない思いを和らげましょう。

 

村上浩子が作った 小さな絵本を紹介して

こんなので良いの? と  気楽さ をアピール!

すると  発想が動き出します。

 

そのあとすぐに おススメ色鉛筆の描きごこちと

パステルの使い方を説明すると

もう 描きたい感情で うずうず(=゚ω゚)ノ

 

コマ割り展開を描き始めたところで すぐに

「本描きしましょう」と声を掛けます。

 

ワークショップの場合

構想をじっくり練っているとそれだけで時間終了してしまいます。

 

発想が芽生えた段階で本描きに入ると

意外な展開が生まれ

思いがけない仕上がりになるのです。

 

 

お喋りしながら

絵本の構想、本描き、文章、製本

 

みんな素敵な絵本ができました(^O^)/

 

絵本の完成

おめでとう☆☆☆

 

 

 

 

本日紹介した村上浩子の絵本は

・うさぎさん

・とまとれでぃのでばん

・イェーイ

 

そして  新作の

・にんじんはあまい

 

 

 

 

新作 小さな絵本『にんじんはあまい』より

 

 

キャラクターのにんじん

 

 

 

 

にんじんが好きな  うさぎ

 

 

 

完成絵本

 

 

 

 

ね!

小さな絵本でしょう(^O^)/

 

 

 

 

 

村上浩子
StudioRoko
http://www.studioroko.com

| むらかみひろこ | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
高校・保育コースでポップアップ絵本完成!

 

今年度の高校・保育コースの絵本授業は

ポップアップ絵本づくりと言語表現です。

 

本日は5月から始まったポップアップ絵本授業の最終日

 

 

初回、6コマで完成するかなと不安を感じながらの進行でした。

 

初回はポップアップの絵本とはどのようにして作るのか

生徒たちにオリジナルポップアップ絵本キットで体験。

 

何とか全員完成☆

 

 

それからは生徒たちのオリジナルを作る授業です。

 

保育に携わるとなれば

現場でカッターや定規を使うことが多々あることでしょう。

 

オリジナル絵本を子どもたちに教える立場になれば

その準備も必要となります。

 

紙をカッターを使って裁断するところからのスタート。

やはり手元がもたもた

日常的にカッターを使うことはなさそうな感じ

 

定規の置き方からカッターの使い方など

実践を交えて伝えました。

 

時間はかかりましたが何とか紙を裁断。

 

次の授業ではカッターの扱いもスムーズに(*^▽^*)

素晴らしい(^o^)丿

 

 

「先生!  絵が描けない!!」と叫ぶ生徒もちらほらいます。

「描けなくても大丈夫。それでいいよ」

 

「先生〜  子どもってどうやって描くの? 棒人間しか描けない〜」

「それでいいから描いてみて」

 

「色塗りは何を使ったらいいの?」

「パステルは便利だよ。メリハリは色鉛筆かサインペンでもいいよ」

 

「ここにこんな仕掛けを入れたいのだけれど、どうしたらいい?」

「先生が見本を作るからそれを見て、位置とか考えようか」

 

こんなやり取りが教室内のあちこちで飛び交います。

先生(私)は一人ですよ(^^)/

 

そんなこんなで生徒の絵本が完成しました〜☆

仕掛けも入って楽しい絵本になりました。

*まだ完成していない生徒もいますが、自ら自宅で仕上げると持って帰りました。

 

 

次回からは言語表現技術取得に向けて

絵本の読み聞かせについての授業になります。

 

 

本当は今日授業で紹介したい絵本がありました。

我が家の絵本の棚から持ち出そうとしましたがありません。

買っていなかったのに気づきました(>_<)

 

最寄りの図書館にいっても貸し出し中でありませんでした。

そらそうですよね〜

 

生徒に紹介できませんでしたが

このブログで皆様に紹介します。

 

 

 

絵本『たなばた』

君島 久子 (著), 初山 滋 (イラスト)

 

 

 

ぜひこの絵本を読んでください☆

 

流れるような文章と

初山 滋さんの流れるような文章の配置

素敵なイラスト

 

絵本を開くと

七夕さまの日は何かが起こるかのような……

 

 

生徒には次回紹介しましょう♪

 

 

 

村上浩子
StudioRoko
http://studioroko.com

 

 

| むらかみひろこ | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/8   >>

Profile

Entry

Category

Link

Comment

  • えほん作家養成教室・京都4期「えほん展」 開催中
    村上浩子 (06/20)
  • えほん作家養成教室・京都4期「えほん展」 開催中
    尚鈴 (06/20)
  • 村上浩子展「絵本から生まれたアートたち」 個展案内
    村上浩子 (06/17)
  • 村上浩子展「絵本から生まれたアートたち」 個展案内
    尚鈴 (06/17)
  • 村上浩子展「絵本から生まれたアートたち」 個展案内
    村上浩子 (06/17)
  • 村上浩子展「絵本から生まれたアートたち」 個展案内
    尚鈴 (06/17)
  • メルシーにゃん 60号のアートに
    村上浩子 (06/14)
  • メルシーにゃん 60号のアートに
    尚鈴 (06/14)
  • えほん作家養成教室・京都4期 12回目
    村上浩子 (06/09)
  • えほん作家養成教室・京都4期 12回目
    尚鈴 (06/09)

Archives

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Mobile

qrcode

Search